会社案内受注型企画手配旅行約款受注型企画手配旅行旅行条件書|個人情報保護|お問合せ
ツアー参加申込書
モルディブ便り
スリランカ便り
旅の相談室
旅行記
ダイビングレポート
ロイヤルアイランド
ダイビングレポート
パラダイスアイランド
モルディブ
ツアープラン
料金表
観光情報
リゾート案内
フォトギャラリー
ダイビングツアー
旅の感想
お客様の声
日本人駐在員
スリランカ
ツアープラン
観光情報
旅の感想
フォトギャラリー
サーフィンツアー
アーユルヴェーダ
ナチュラリストリゾート
コロンボ超人気ショップ
日本語ガイド
パキスタン
ツアープラン・料金表
観光情報
旅の感想
フォトギャラリー
エジプト
ツアープランA
ツアープランB
ツアープランC
料金表
観光情報
フィジー
ツアープラン・料金表
観光情報
インド
ツアープラン
観光情報
シルクロード
ツアープラン
シルクロードの旅体験記
快適な旅に役立つ厳選された情報や、現地の最新情報ををご紹介します。
モルディブだより
スリランカだより
スリランカ雑貨通販
おみやげ宅配サービス
海外旅行保険
レンタル携帯電話
NEXのご案内
リムジンバス
お荷物宅配サービス
コート預かりサービス
スリランカ航空
シンガポール航空
マレーシア航空
キャセイパシフィック航空

世界のラジオ・テレビ局ガイド

世界のクラシック
ラジオ局ガイド

アメリカのラジオ局ガイド

インド洋に浮かぶ島国スリランカ。赤道と北回帰線に挟まれた熱帯に位置し、総面 積6万5609ヘクタールと、北海道を一回り小さくしたこの島は、緑豊かな環境に包まれている美しい島だ。この国の見所として5つある。 (スリランカの概略地図各地の詳細地図

まず、紀元前247年に初めて仏教が伝えられて以来、仏教王国としてさまざまな歴史を残した仏教遺跡。2千5百年以上もの歴史を持つ数々の遺跡は今も、仏教徒の信仰の対象として大切に保存されている。

二つ目として、イギリス植民時代に始まった紅茶栽培は、世界的に紅茶と言えばセイロンティーと言うほど、スリランカを有名な産地として知らしめている。

三つ目として、スリランカの国土全体の10%近い面 積が自然国立公園、動物保護区、鳥類保護区に指定され、その中には、100種類以上の哺乳動物、400種以上の鳥類、無数の爬虫類、両生類、昆虫類などが生息し、動物ファンには見逃せない野生の楽園となっている。

四つ目として、スリランカの南西海岸は、百数十キロに及ぶ褐色のビーチが続いており、別 名、黄金海岸(ゴールデンビーチ)と呼ばれている。海岸に沿ってヤシの林が緑鮮やかな帯を引き、広がるインド洋は透明感のある紺碧と、それらの色彩 が強い太陽光の下でより競い合いながら、見事なコントラストを見せてくれる。かつて海のシルクロードとして栄えた海岸沿いの街は、今もその当時の面 影を感じさせてくれる。

最後に忘れてはいけないものがこの国にはある。それは宝石。昔から宝石の産地として世界中で有名なこの地では、「アラビアンナイト」の物語で船乗りであったシンドバットや13世紀、マルコポーロが中国からの帰りにこの地を訪れ、「東方見聞録」にセイロン島の宝石がどんなにすばらしいものかを記している。現在でも、チャールズ皇太子がダイアナ妃に贈った婚約指輪のスリランカ産サファイアが有名である。今も採掘しているこの地は、男の夢やロマンを感じさせる。

ビ ザ

30日以内の観光は、ビザ不要。

通 貨

スリランカ・ルピー。ドル=59ルピー、1ルピー=約1.5円(2001年現在)。通 貨外貨は、ドル、ポンド、円、マルク、フランなど。インド、パキスタンの通 貨は持ち込み禁止。両替は、銀行、ホテルでできます。

出国税

1000ルピー

税 関

入国時無税で持ち込める主な商品は、ウィスキー類2本、シガレット200本など。

国内交通

主要都市を結ぶ道路は、ほんとんどが舗装されています。島内に道路網、鉄道網が張り巡らされているので、交通 は便利。

[バス]

スリランカのバスは、いつも満員ですが、料金は格安。

[鉄道]

国有でコロンボと主要都市を結んでいます。長距離列車は、一等、二等、三等に分かれています。また、スリランカ国鉄では、鉄道を利用したパッケージツアーを販売してます。

[タクシー]

主要都市、特にコロンボは多い。

[レンタカー]

申し込みは、旅行代理店かホテルで受け付けています。

服 装

年間を通じて夏服のスポーティーなもので十分ですが、山地に行く人はセーターが必要です。サンダル、防止、サングラス、水着を忘れずに、仏教遺跡を訪ねるときは、たびたび靴を脱ぐことになるので、脱ぎやすい靴の方が便利です。

チップ

殆どのホテルやレストランでは、料金にサービス料が含まれているので、チップは不要です。含まれていない場合は、普通 、勘定の10%、重い荷物を頼んだ場合は、ポーターに5ルピーのチップが適当です。

時 差

日本とは3時間の時差があり、コロンボの正午は日本時間午後3時です。

電 気

230-240ボルト、50サイクル

治 安

女性の一人旅も安心してできます。国民は非常に親日的で、観光客にはとても親切です。社会福祉の充実しているスリランカでは、政府の医療機関での治療は全て無料です。

買い物

世界的に有名な紅茶、宝石をはじめとして、黒檀、金、銀などの細工物、陶器、織物、お面 、木綿地にさまざまな模様を色鮮やかに染め上げたバティックなどがおすすめです。

食 事

スリランカの食事は、何と言ってもカレー。香辛料のきいたカレーは、熱帯の熱い気候によく合います。種類は、エビ、カニ、魚、肉、卵、野菜と実に豊富で、味付けも少し違っています。ホテルのカレーは、観光客用に辛さを控えているので、辛いのが苦手な人でも食べられます。スリランカ・カレーと紅茶をお試し下さい。

観光地

[アヌラダプーラ]

インドのアショカ王が息子マヒンダを派遣してスリランカに初めて仏教を伝えてから約2千年間続いたシンハリ王朝最古の都。町の中心にあるスリーマハ菩提樹はその昔、その木の下で仏陀が悟りを開いたと言われるインドのブッダ・ガヤの菩提樹から根分けされ、紀元前3世紀にアショカ王の王女サンガミッタによってスリランカに運ばれてきたと言われている。この菩提樹には各地から多くの巡礼者、修行僧が絶えない。この他、僧たちの住居で9階建てだった黄銅宮殿跡など、当時の面 影を残す巨大な仏舎利塔が緑に囲まれた美しい古都の町にひっそりとその姿を残している。遺跡の周辺に広がる人工貯水池は、いつまでも水を満々とたたえ、訪れる人々に安らぎとくつろぎを与えてくれる。

[ミヒンタレー]

ミヒンタレーは、スリランカで最初に仏教が伝えられたとされる聖地。1934年にそれまでジャングルに眠っていたままだった遺跡群が発掘されて以来、スリランカで最も重要な聖地の一つとして知られている。ミヒンタレーの由来は、紀元前247年6月の満月の日、山の神であるデーウアが、鹿狩りにやってきたアヌラーダプラの王デーワーナンピヤティッサに仏教を流布させるため、自ら鹿に身を変え、インドより訪れたインドの仏教王アショカの息子マヒンダのもとへと導いたことから始まった。

[アウカナ]

アウカナ・ブッダ。スリランカの仏教美術の中でも有名な仏像で、青空に向かって真っ直ぐそびえ立つ白い姿態。身にまとう衣の筋は、千年以上の風雨に耐え、今なおくっきりとなめらかな曲線を描いている。これは、5世紀、カラーワワ(貯水池)を建設したダートゥセーナ王がその記念のために建てたもので、高さ15メートルの白い体は、グラネイトという石を材料にしている。鼻から水を垂らすと二つの足と足の間に落ちるように、バランスを保って作られている。1600年前の作品が、どこも欠けた部分やひびの入った部分が見あたらないのは驚くばかりである。

 

[ダンプラ]

スリランカ最大の石窟寺院であるダンプラ石窟寺院は、平原から突然浮かび上がったような黒褐色の巨大な岩山付近に偶然あった天然の洞窟を使って造られている。この寺は、紀元前1世紀にシンハラ王のワラガムバーフ王によって造られ、洞窟の中へ一歩足を踏み入れれば極彩 色の壁画や、たくさんの仏像が彫られ、訪れた人の気持ちを神聖な思いにさせるほどである。

 

[ポロンナルワ]

10世紀から12世紀にかけてシンハラ王朝の都として栄えた町。その全盛期には、タイヤビルマから僧が訪れるほどの仏教都市として栄えたという。その栄華を伝えるアジア有数の大遺跡群が、今は小都市となったこの町を世界に知らしめている。また、この乾いた地に水の確保を重要視し、整備にあたったパラクラマバーフ一世は、潅漑用の貯水池を1000以上も作った。中でも、広大なパラクラマ・サムードラは、広さ約24平方キロもあり、その時代のポロンナルワ繁栄に結びつき、今も人々の生活に欠かせない。

  [シギリヤ]
ジャングルの中から突然として目の前に岩の要塞が現れる。これは、5世紀後半、この地を統治した狂気の王カッサバが、逆襲から逃れるために壮大な岩山の頂上に華麗な宮殿を建てて住んでいた宮殿跡。巨石は、遠くから見ると巨大なライオンがうずくまっているように壮大で、別 名ミハンギリ(ライオン・ロック)と呼ばれる。
 
シギリヤの魅力は、岩の中腹にある岩肌に描かれている18人の美女、シギリヤ・レディー。1500年たった今も鮮やかな色彩 と輝きを残すフレスコ画は、遠い時間の流れを忘れさせ、多くの感動を人々に与えずにはいられない。

[キャンディ]

 

街の中に美しい人工湖をもつ静かな古都は、シンハラ王朝最後の都。さわやかな風と緑に囲まれた湖のほとりには、湖面 にその華麗な姿を映す仏歯寺が、一日中カラフルなサリーを身にまといハスの花を手にした参拝者で賑わっている。仏教徒であるシンハラ人にとって、仏陀の歯を安置する仏歯寺の存在は、何と言っても民族最高の象徴だと思わせる。

[ラトナプラ]

 

スリランカの中で代表的な宝石の産地として知られている。この町をちょっと外れれば、いたるところに宝石採掘現場が見られる。今でも粗末な設備を利用して探している男たちには、一攫千金の夢と欲望が込められている。

 

[ヌワラ・エリヤ]

ヌワラ・エリヤは、スリランカの高原地帯の中央に位 置する美しい街。イギリス植民地時代には避暑地として栄え、今も当時の名残として、広い芝生の庭をもつイギリス風の建物が点在する。また、このヌワラ・エリヤを中心とする丘陵地帯は、イギリス植民地時代に始まった紅茶の産地で、誰もが紅茶と言えばセイロンティーと呼ばれるほど、世界中で有名である。

 

[南西海岸(ベントータ、ヒッカドゥワ)]

スリランカで人気リゾートである南西海岸は、ダイビング、ウインドサーフィンをはじめとして、およそマリンスポーツと呼ばれるもの、ほとんどすべてを体験できるリゾート地。最高級クラスのホテルからスタンダード・クラスのホテルまで、幅広い宿泊施設がそろい、誰でも気軽に過ごせる。

ここがリゾートとして発展してきた理由として、沖合の美しいサンゴ礁 。スリランカ南西海岸の中で、ヒッカドゥワは、サンゴ礁が発達している海岸として有名である。いつからかこれを目当てに欧米の観光客が集まるようになったこのリゾートで、自分の時間を使ってみてはどうだろうか。

 

[ゴール]

スリランカ南部最大の町。港町としての歴史は古く、14世紀頃にはアラビア商人たちの東方貿易地として繁栄した。1589年には、ポルトガル人たちがはじめて砦をここに築いた。これをきっかけとして、ゴールの外国人による支配が始まり、1640年にはオランダが砦を拡張し、その中に町を築いた。これが現在のゴールの原型である。

イギリス植民地時代にも支配の拠点として重要な位置を占め、顕粉砦をもつ城塞都市として完成されてきた。ゴールの歴史はそのまま、繰り返されたスリランカの被支配の歴史だといえるだろう。

ホームに戻る

会社案内受注型企画手配旅行約款受注型企画手配旅行旅行条件書|個人情報保護|お問合せ
東京都知事3-4425 スリランカ航空・パキスタン航空代理店
株式会社 ワコーインターナショナル
東京都新宿区新宿2-5-1 アルテビル2F E-mail:wako@wakoskyclub.com
TEL.03-3358-5251 FAX.03-3358-5255
Copyright © 2005 Wako International, Inc.